Chat with us, powered by LiveChat

Category Archives: CBD

知っておくべきCBDオイルのこと

知っておくべきCBDオイルのこと

2016年に日本でも発売が開始されたCBDオイルは、今や世界中で人気です。麻(ヘンプ)から作られるカンナビジオール(CBD)を含んでいるオイルなので、やはりどうしても「大麻(マリファナ)」のことが頭をよぎってしまう方も多いはず。

しかしCBDオイルは、マリファナとは違います。マリファナにはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という精神活性(覚醒)作用を持つ成分が含まれていますが、CBDヘンプオイルに使う麻はこの成分を含んでいません。ですので、CBDオイルでは栄養補助食品として健康にいい効能のみ得ることができるのです。

CBDオイルは、一体どのような効果があるのでしょうか?このオイルの健康効果は現在世界中で研究されており、毎日使用することでどんなメリットがあるのか日々調査されています。こうした研究結果は動物・人間両者をターゲットとして発表されており、さらなる健康効果を調べるために今も研究が続けられています。

現在CBDオイルは、処方薬でなく栄養補助食品として販売されています。研究者も健康効果があるものとして積極的に調査をしていますが、実はまだ明らかになっていない部分も多いのです。一企業としてその効果のほどを、裏付けなくアピールするのはあまり好ましくないと私たちは考えています。

CBDTokyoでは、さまざまな濃度のElixinol CBDヘンプオイルを販売しています。このオイルはアメリカ・ヨーロッパで作られており、製品には最高品質のヘンプ(麻)を使用しています。私たちのサイトの商品にはすべて自信を持っていますが、Elixinol CBDヘンプオイルも素晴らしい商品だと声を大にして言えます。

もしあなたが健康に役立てたいとCBDヘンプオイルを試してみるのであれば、かかりつけの医師に相談してみてください。Elixinol CBDオイルは使用量も自由に調整できますし、毎日の健康管理の一環として簡単に取り入れられるので、おすすめです。

私たちは、あなたが健康的な生活をするために何をすればいいか、迷ったときにお手伝いしたいと思っています。できる限りの情報をお知らせしてそれを役立てていただければ幸いです。

CBDオイルについてもっと情報を知りたい方は、CBDTokyoの他の記事をぜひ参考にしてください。CBDオイルやオンラインで販売しているその他の製品に関するご質問は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

ヘンプの5つのメリット

ヘンプの5つのメリット

まず最初に…ヘンプ(麻)は「マリファナ」ではないということです。精神活性作用がない有益なものだということを覚えておいてください。なので日本でも健康情報に敏感な人たちの間で、ヘンプ商品が人気を博していることはそれほど不思議なことではありません。

最近ではヘンプがさまざまな商品、紙・衣類や食品・動物用の飼料に含まれていることもわかっています。日本でヘンプの栽培が禁止される前は、いろいろなところで栽培されており、世界でも多くの土地で布生地として使用されていました。

今はヘンプの栽培はそれほど盛んではないのですが、健康に効果があるということを知って、栽培を開始している農家も出てきたようです。しかし残念ながらまだヘンプの人気の理由が納得できない人も多いので、どうしてあなたがヘンプを選択するべきかという5つの理由をあげていきましょう。

 

ヘンプは敏感肌の方に最適です

ヘンプは雑草のようにたくましく成長し、農薬もいりません。小さなお子さんや敏感肌の方の着る生地として理想的ですし、農薬なしで栽培できるので、土地を汚すこともない地球に優しい植物なのです。

ヘンプはすぐ収穫できます

多くの農作物と異なり、ヘンプは成長がはやいので、植え付け~収穫までわずか3ヶ月しか要しません。ほかの作物はややもすると土地を痩せさせてしまいますが、ヘンプは土地を豊かにするというメリットまであるのです。実際農家でも、ほかの作物を育てる間にヘンプを栽培し、土地を肥沃にするというやり方をしているようです。

カーボンオフセットに役立つ

麻の服は丈夫で長持ちし、コットン(綿)と比べても2分の1以下の水の量で作ることができます。リサイクルもいいのですが、麻の服を着ることがカーボンオフセットにひいては役立つのではないでしょうか?

ヘンプは頑丈な布です

上でもお話した通りヘンプは丈夫な生地であり、ぬれても伸びたり型崩れしたりしません。そのため昔は船の帆を作る材料として重宝されました。この頃ではヘンプはドレープの美しい生地としても評価が高く、抗菌性も高いので日本の高温多湿な夏にはピッタリです。東京・恵比寿に麻の服の専門店があるので、興味のある方はチェックしてみてくださいね

ヘンプは食事に加えても健康に効果があります(しかもおいしい)

ヘンプの種子は、たんぱく質を豊富に含んでいることはあまり知られていません。実は肉や乳製品に含まれるたんぱく質より消化に良く、ビーガン・ベジタリアンの方におすすめです。良質な脂肪酸とアミノ酸も含んでいますから、言うことはありませんね。東京でヘンプシードが人気上昇中なのも納得です。興味があればスイーツ、クッキーなどの焼き菓子にヘンプシードをトッピングするといいかもしれません。おそらくナッツのような風味でバターのような濃厚さを味わうことができるでしょう。

CBDヘンプオイルは栄養価が高く日本でも購入できます

CBDヘンプオイルは、抗炎症作用を持つ必須脂肪酸を含んでいます。ビタミンやミネラルの成分もたっぷりで、海外の研究ではCBDヘンプオイルの健康効果が多く発見されています。

 

米国の医者の視点からみる – CBDオイルの効能

CBDオイルの効能

CBDTokyoではブレア博士にインタビューをするという幸運を得ました。医学的観点によるCBDオイルの効能とは何かを語っていただきました。

ブレア博士は2014年から人体の内分泌動態システム(ECS)について研究·治療·講義を行ってきました。彼は薬草や食事と運動療法で健康を回復させることを目的としています。

まずCBDオイルやカンナビジオールについての基本情報から。

CBDとは?

カンナビジオール(CBD)とは、「カンナビノイド」のひとつです。(※カンナビノイドとは麻に含まれる化学物質の総称)CBDはフィトカンナビノイドとして細胞シグナル伝達特性を有しています。

THC(テトラヒドロカンナビノール)はOBDに含まれているか?

向精神薬(多幸感を感じる作用がある)などに使われるTHCは、CBDにはほとんど含まれていません。いわゆる「覚醒効果」もありませんので、安心です。

CBDTHCの違いは何?

THCには精神を活性化する作用がありますが、CBDにはありません。CBDの効能は、脳機能と記憶力をアップさせることです。

カンナビジオールは麻や他の食品にも含まれていますか?

カンナビジオールは多くの製品に含まれています。トリュフや亜麻繊維(リネン)にも含まれていますし、最近ではCBDを含む包帯が傷を治す効果もあるという研究が発表されました。

一通りCBDについてわかったところで、使用するときにどういった点に注意すればいいのでしょうか?

高品質のCBDオイルとは?

すべてのCBDオイルが品質がいいとは限りませんので、以下の3点に注意しましょう。ブレア博士にポイントをうかがいました。

1·有機栽培されたものであるか?

2·厳しい審査基準を満たしているか?

3·メーカーが偽装することなく、純粋で高品質なCBDオイルを作っているか?

CBDオイルメーカーのホームページをチェックしたことはありますか?

アメリカでは多くのCBDオイルのブランドがありますが、すべてのものが高品質ではありません。Elixinolでは厳しい検査を経て、質のよい100%純粋なCBDオイルを生産しています。

アメリカでCBDオイルはどんな風に認識されているのでしょうか?

日本はもちろん世界各国でも同様ですが、アメリカでもCBDオイルの評価は大きく分かれます。CBDは合法なサプリメントであり、THCはほとんど入っていないにもかかわらず、「大麻」に関連するものとして違法薬物で体に良くないものだとする人もいます。

一方で大麻関連のものはどれもいいものとしてみなしている人も多くおり、THCが含まれていたとしても、CBDオイルについてその効果を認めているのです。

そして臨床科学の上から、CBDオイルの効能を認めている知識人のグループもいるのです。

最近CBDオイルはしばしばニュースになっています。これは何を意味するのでしょう?

CBDオイルの注目度が高まった原因にはおそらく3つの理由があるでしょう。

1·現代医療が現代の病気の治癒に失敗することが多々ある

2·CBDオイルを活用して成功した事例とそれに関する優秀な研究論文が発表された

3·研究分野の進歩

現在これまで以上に、サプリメントとしてのCBDオイル、健康を回復し、健康を維持する効果があることが認識されています。単に「大麻が危険」と断定とするのは安直であり、人はみな自分の健康をキープするのは自分自身だと把握し、現代医療に頼ってばかりではいけないと気づいた一種の反乱なのではないでしょうか?

アメリカの医師はCBDオイルを推奨していますか?

CBDオイルが心身ともにどのような利益をもたらすのか、理解する人が増えてきたので、多くの専門家たちが推奨しています。その分野も多岐に渡り、ホメオパシーからアロパシー(薬物療法)までと広範囲です。またCBDオイルは栄養補助食品なので、処方も必要ありません。

さらにCBDオイルの科学的な効能をブレア博士に語ってもらいました

·CBDオイルは細胞機能を活性化します

·ホメオスタシス(恒常性の維持)を回復·維持してくれます。つまり環境が変化しても体の状態を安定させる働きのことです。※けがの際に傷口がふさがれるなど。

·CBDはすべての細胞や組織にシグナル伝達分子として作用します

CBDオイルの効能は精神面にも影響するのでしょうか?

CBDオイルは精神的にも効能があります。以下に例をあげましょう。

1·集中力がアップ

2·不安感やゆううつな気持ちを軽減してくれる

3·気持ちをやわらげる

4·記憶力アップ

5·脳の活性化をする

6·視力の回復

7·気持ちを明るくする

8·味覚をアップする

9·よく眠れるようになる

10·性欲がアップする

CBDオイルが役に立った実例は?

てんかんの発作を減らし、重症化を防いだことがわかっています。また発作時に脳の深刻な損傷を防ぎ、回復期間も早めたことも知られています。何組かの親子がこの効能に恩恵を受けて喜んでいます。

CBDオイルは、自閉症の治療薬ではありませんが、症状の改善に大きな効果をもたらします。不安を軽減し気持ちを落ち着かせる効果があるのです。この場合は15mgずつの服用をおすすめします。

 ブドウ球菌、連鎖球菌およびC型肝炎ウイルスに対して抗炎症効果があり、痛みを感じることなく、傷口を治すこともできました。

認知症·アルツハイマー病にも効果があります。CBDオイルを使用して数週間後に何人かの患者が記憶力が改善したという報告があります。

ぜんそく患者もCBDオイルを使用すると、肺機能がアップし大きな発作が起こりにくくなり、緊急の入院が不要になるという例もあります。

不眠症にも効果があります。睡眠サイクルにも影響を及ぼし、レム睡眠を減らして深い眠りをもたらした例があります。

PTSDの患者にも心を落ち着かせ、質の高い睡眠をとることによって、嫌な記憶を消し去って症状を緩和する効果が認められました。

現代に多い病気「がん」ですが、肺がん·前立腺がん·卵巣がん患者のがん細胞を削減し、化学療法の悪影響を減らすこともわかりました。

多くの症例は前臨床段階であり、動物を使った例が多いのですが、数多くの例をあげることができます。

CBDオイルは身体能力もアップさせますか?

肺活量のアップ·鎮痛効果·抗炎症効果·代謝力の向上などが認められます。なお効果を体感するのには運動する1,2時間前に使用するのがベストでしょう。

CBDオイルのお肌に対する効果は?

天然の抗炎症剤ともいえますからもちろんあります。皮膚の再生機能をアップさせ、新しい細胞に生まれ変わる能力もアップします。ケガをした箇所に使えば傷の治りも早まることでしょう。

食事に使うにはどのようにすれば?

気化して使ってもいいですし、直接口に入れる場合、舌の奥、付け根部分にオイルが含まれるように使用しましょう。そうするとよく体内に吸収されます。

適切な摂取量はどのくらいでしょう?

やはりボトルの説明書に書いてある量が適量です。基本的には1日に2回15mgずつ摂取しましょう。あなたのニーズに合わせて使用量は調整してください。しかしあまり増やしすぎてもメリットはなく、ブレア博士によると1日200㎎以上超えて摂取しても効果が増大するわけではないということです。あなたのふだんの食事に、ちょっとCBDオイルをたらしてもOKです。

CBDオイルを使用する上のリスクは?

どれだけ摂取しても問題はないでしょう。重大な副作用は起こらないですが、THCのことが気になるのであれば、少量の使用量にするのが安心ですね。個人差がありますが、CBDオイルとの相性の問題で、使用したときに若干疲労感を感じる方もいるかもしれません。

CBDオイルの効能を最大限に発揮するには?

低炭水化物ダイエットやケトジェニックダイエットをしながら、CBDオイルを使用するといいでしょう。CBDオイルはDHAやEPAなどオメガ3脂肪酸と一緒に摂取すると一番効果を発揮できるのです。

いずれにせよ、バランスの取れた食事·適度な運動を実行してこそ、CBDオイルも最大の効能を発揮するといえます。

最後に

ブレア博士は家庭医学で何十年もの経験を持つエキスパートです。軍医である経験も活かして、ECSの研究を日々行っているのです。そんなブレア博士の意見だからこそ、非常に有意義で思わず納得できますね。

※記事中のすべての見識·意見はブレア博士によるものです。ご了承ください。

ブレア博士について

ブレア氏は陸軍士官学校を1972年に卒業し、マイアミ大学の医学部で勉強しました。陸軍のかかりつけの医師として研鑽を重ね、第1次湾岸戦争の軍医となりました。軍医としてのキャリアは29年で、2000年に職を退いたのちは、Elixinolの医療アドバイザー·臨床部門の顧問を務めています。

CBDオイルの効能 doctor blair

日本でもCBDオイルを合法で入手可能です

ヘンプ(麻)は、抗炎症作用を持つ必須脂肪酸を高濃度で含んでいる人気のスーパーフードです。ビタミン・ミネラルも豊富に含んでいます。それだけでなく、CBDヘンプオイルに驚くべき健康効果の高い成分があることを知っていますか?そう、それは「カンナビノイド」です。日本でも現在ではCBDオイルを合法で購入可能です。CBDTokyoで素晴らしい効能を持つElixinolのCBDヘンプオイルをゲットして、その恩恵にあずかりましょう。

 

植物は何千年も前から薬草として珍重されていました。現代では科学の研究も進んで、植物の中の特定成分が健康効果があるということも判明しています。テルペノイドは、中でももっとも効能が高い成分であり、カンナビノイドは麻の中に含まれているテルペノイドの一種です。ヘンプに含まれているカンナビノイドは、カンナビジオール(CBD)として知られており、これがElixinolのCBDヘンプオイルにも含まれているのです。

 

免疫力を高め、体を守るのに非常に有効な物質ですから、ぜひとも摂取したいものですよね。

 

Elixinol CBDオイルは、オーガニック栽培されたヘンプから抽出されます。このヘンプはカンナビノイドを多く含んでいることで評価が高い産業用のものです。油はヘンプの茎や種から抽出されますが、産業用のヘンプは、マリファナに含まれるテトラヒドロカンナビノール(THC)という精神活性作用がある成分は含んでいません。

 

だからElixinolをはじめとしてCBDヘンプオイルは、合法で購入することができるのです。

 

ElixinolのCBDヘンプオイルのメリットはなんでしょうか?カンナビノイド・カンナビジオールは体の中で抗酸化作用を大いに発揮します。みなさんもご存知でしょうが、抗酸化作用によって体内の細胞が老化するのを防ぐことができるのです。フリーラジカルと呼ばれる有害物質から細胞を守るのが抗酸化物質です。

 

この商品にはさっきもお話したように、テトラヒドロカンナビノール(THC)が入っていませんので、精神的にも副作用を引き起こす心配がなく安心して使っていただけます。海外の調査や研究でもCBDヘンプオイルによる健康効果の高さを示す証拠が多く挙げられています。

 

ElixinolCBDヘンプオイルには、3つのサイズと濃度・2つのフレーバーがあります。抽出物はすべて天然成分であり、カンナビノイドの効能を十分に感じていただけることでしょう。日々の生活にぜひこのCBDヘンプオイルを加えて、あなたを若々しく生き生きとしてくれる効果を実感してみませんか?

CBDオイルの比較 ー どんな基準で選べばいいのでしょう?

CBDオイルの比較

カンナビノイドは今健康業界では、注目の的となっています。今まで知られていなかった健康的効果がクローズアップされ、私たちがそれを知るようになったからです。比較的新しい栄養補助食品ですから、まだわからない点も多くあります。さて質の高いCBDオイルとはどのようなものなのでしょうか?日本で買えるものについて調査してみました。

 

CBDオイルは、カンナビノイドの一種であるカンナビジオール(CBD)を含む自然食品です。しかしながら市場では偽装した商品も販売されており、中にはCBDをほとんど含まない商品もあります。もしあなたが健康のためにCBDオイルを取り入れようとしているのなら、どういった商品を使用するかは非常に大事ですよね。いい商品を見極めるべきです。

 

高品質なCBDオイルを見つけるには、まず販売方法をチェックしましょう。「治癒」ということを全面に打ち出している商品は選ぶのはやめてください。現在CBDオイルは、健康上どのような効果をもたらすかまさに研究の真っ最中であり、まだすべてが明らかになっていないからです。

 

次に製造元を見てみてください。信頼のおけるところがどうかを確認します。市場に出回る前にどのような検査が行われているのか、知ることはとても大事です。最後にその会社が嘘偽りなく消費者に情報を提供しているかも知る必要があるでしょう。多くの情報をオープンにしているところならば、その商品も安心して使用できると言えます。

 

ElixinolのCBDオイルは、厳しい検査基準をクリアし、最高品質を持っている素晴らしいものです。CBDTokyoでも自信を持っておすすめできる逸品です。世界中から探してきた麻を抽出して作り上げた、純度の高い商品です。検査もヨーロッパで生産された時点で、とアメリカでと2度にわたって行われているのです。

 

もちろんラベルの表記と内容物に一切違いはありませんし。しかもElixinolではさらに一歩踏み込んで、金属が間違って入っていないか、微生物・菌が混入していないかなどもチェックしています。アメリカ食品医薬品局(FDA)がCBDオイルの偽装について摘発した事例もありましたが、Elixinolはそういった警告も受けていない優良な企業です。同社はあらゆる点で透明性があり、消費者に対して真摯に向き合っています。