Chat with us, powered by LiveChat

米国の医者の視点からみる – CBDオイルの効能

CBDオイルの効能

CBDTokyoではブレア博士にインタビューをするという幸運を得ました。医学的観点によるCBDオイルの効能とは何かを語っていただきました。

ブレア博士は2014年から人体の内分泌動態システム(ECS)について研究·治療·講義を行ってきました。彼は薬草や食事と運動療法で健康を回復させることを目的としています。

まずCBDオイルやカンナビジオールについての基本情報から。

CBDとは?

カンナビジオール(CBD)とは、「カンナビノイド」のひとつです。(※カンナビノイドとは麻に含まれる化学物質の総称)CBDはフィトカンナビノイドとして細胞シグナル伝達特性を有しています。

THC(テトラヒドロカンナビノール)はOBDに含まれているか?

向精神薬(多幸感を感じる作用がある)などに使われるTHCは、CBDにはほとんど含まれていません。いわゆる「覚醒効果」もありませんので、安心です。

CBDTHCの違いは何?

THCには精神を活性化する作用がありますが、CBDにはありません。CBDの効能は、脳機能と記憶力をアップさせることです。

カンナビジオールは麻や他の食品にも含まれていますか?

カンナビジオールは多くの製品に含まれています。トリュフや亜麻繊維(リネン)にも含まれていますし、最近ではCBDを含む包帯が傷を治す効果もあるという研究が発表されました。

一通りCBDについてわかったところで、使用するときにどういった点に注意すればいいのでしょうか?

高品質のCBDオイルとは?

すべてのCBDオイルが品質がいいとは限りませんので、以下の3点に注意しましょう。ブレア博士にポイントをうかがいました。

1·有機栽培されたものであるか?

2·厳しい審査基準を満たしているか?

3·メーカーが偽装することなく、純粋で高品質なCBDオイルを作っているか?

CBDオイルメーカーのホームページをチェックしたことはありますか?

アメリカでは多くのCBDオイルのブランドがありますが、すべてのものが高品質ではありません。Elixinolでは厳しい検査を経て、質のよい100%純粋なCBDオイルを生産しています。

アメリカでCBDオイルはどんな風に認識されているのでしょうか?

日本はもちろん世界各国でも同様ですが、アメリカでもCBDオイルの評価は大きく分かれます。CBDは合法なサプリメントであり、THCはほとんど入っていないにもかかわらず、「大麻」に関連するものとして違法薬物で体に良くないものだとする人もいます。

一方で大麻関連のものはどれもいいものとしてみなしている人も多くおり、THCが含まれていたとしても、CBDオイルについてその効果を認めているのです。

そして臨床科学の上から、CBDオイルの効能を認めている知識人のグループもいるのです。

最近CBDオイルはしばしばニュースになっています。これは何を意味するのでしょう?

CBDオイルの注目度が高まった原因にはおそらく3つの理由があるでしょう。

1·現代医療が現代の病気の治癒に失敗することが多々ある

2·CBDオイルを活用して成功した事例とそれに関する優秀な研究論文が発表された

3·研究分野の進歩

現在これまで以上に、サプリメントとしてのCBDオイル、健康を回復し、健康を維持する効果があることが認識されています。単に「大麻が危険」と断定とするのは安直であり、人はみな自分の健康をキープするのは自分自身だと把握し、現代医療に頼ってばかりではいけないと気づいた一種の反乱なのではないでしょうか?

アメリカの医師はCBDオイルを推奨していますか?

CBDオイルが心身ともにどのような利益をもたらすのか、理解する人が増えてきたので、多くの専門家たちが推奨しています。その分野も多岐に渡り、ホメオパシーからアロパシー(薬物療法)までと広範囲です。またCBDオイルは栄養補助食品なので、処方も必要ありません。

さらにCBDオイルの科学的な効能をブレア博士に語ってもらいました

·CBDオイルは細胞機能を活性化します

·ホメオスタシス(恒常性の維持)を回復·維持してくれます。つまり環境が変化しても体の状態を安定させる働きのことです。※けがの際に傷口がふさがれるなど。

·CBDはすべての細胞や組織にシグナル伝達分子として作用します

CBDオイルの効能は精神面にも影響するのでしょうか?

CBDオイルは精神的にも効能があります。以下に例をあげましょう。

1·集中力がアップ

2·不安感やゆううつな気持ちを軽減してくれる

3·気持ちをやわらげる

4·記憶力アップ

5·脳の活性化をする

6·視力の回復

7·気持ちを明るくする

8·味覚をアップする

9·よく眠れるようになる

10·性欲がアップする

CBDオイルが役に立った実例は?

てんかんの発作を減らし、重症化を防いだことがわかっています。また発作時に脳の深刻な損傷を防ぎ、回復期間も早めたことも知られています。何組かの親子がこの効能に恩恵を受けて喜んでいます。

CBDオイルは、自閉症の治療薬ではありませんが、症状の改善に大きな効果をもたらします。不安を軽減し気持ちを落ち着かせる効果があるのです。この場合は15mgずつの服用をおすすめします。

 ブドウ球菌、連鎖球菌およびC型肝炎ウイルスに対して抗炎症効果があり、痛みを感じることなく、傷口を治すこともできました。

認知症·アルツハイマー病にも効果があります。CBDオイルを使用して数週間後に何人かの患者が記憶力が改善したという報告があります。

ぜんそく患者もCBDオイルを使用すると、肺機能がアップし大きな発作が起こりにくくなり、緊急の入院が不要になるという例もあります。

不眠症にも効果があります。睡眠サイクルにも影響を及ぼし、レム睡眠を減らして深い眠りをもたらした例があります。

PTSDの患者にも心を落ち着かせ、質の高い睡眠をとることによって、嫌な記憶を消し去って症状を緩和する効果が認められました。

現代に多い病気「がん」ですが、肺がん·前立腺がん·卵巣がん患者のがん細胞を削減し、化学療法の悪影響を減らすこともわかりました。

多くの症例は前臨床段階であり、動物を使った例が多いのですが、数多くの例をあげることができます。

CBDオイルは身体能力もアップさせますか?

肺活量のアップ·鎮痛効果·抗炎症効果·代謝力の向上などが認められます。なお効果を体感するのには運動する1,2時間前に使用するのがベストでしょう。

CBDオイルのお肌に対する効果は?

天然の抗炎症剤ともいえますからもちろんあります。皮膚の再生機能をアップさせ、新しい細胞に生まれ変わる能力もアップします。ケガをした箇所に使えば傷の治りも早まることでしょう。

食事に使うにはどのようにすれば?

気化して使ってもいいですし、直接口に入れる場合、舌の奥、付け根部分にオイルが含まれるように使用しましょう。そうするとよく体内に吸収されます。

適切な摂取量はどのくらいでしょう?

やはりボトルの説明書に書いてある量が適量です。基本的には1日に2回15mgずつ摂取しましょう。あなたのニーズに合わせて使用量は調整してください。しかしあまり増やしすぎてもメリットはなく、ブレア博士によると1日200㎎以上超えて摂取しても効果が増大するわけではないということです。あなたのふだんの食事に、ちょっとCBDオイルをたらしてもOKです。

CBDオイルを使用する上のリスクは?

どれだけ摂取しても問題はないでしょう。重大な副作用は起こらないですが、THCのことが気になるのであれば、少量の使用量にするのが安心ですね。個人差がありますが、CBDオイルとの相性の問題で、使用したときに若干疲労感を感じる方もいるかもしれません。

CBDオイルの効能を最大限に発揮するには?

低炭水化物ダイエットやケトジェニックダイエットをしながら、CBDオイルを使用するといいでしょう。CBDオイルはDHAやEPAなどオメガ3脂肪酸と一緒に摂取すると一番効果を発揮できるのです。

いずれにせよ、バランスの取れた食事·適度な運動を実行してこそ、CBDオイルも最大の効能を発揮するといえます。

最後に

ブレア博士は家庭医学で何十年もの経験を持つエキスパートです。軍医である経験も活かして、ECSの研究を日々行っているのです。そんなブレア博士の意見だからこそ、非常に有意義で思わず納得できますね。

※記事中のすべての見識·意見はブレア博士によるものです。ご了承ください。

ブレア博士について

ブレア氏は陸軍士官学校を1972年に卒業し、マイアミ大学の医学部で勉強しました。陸軍のかかりつけの医師として研鑽を重ね、第1次湾岸戦争の軍医となりました。軍医としてのキャリアは29年で、2000年に職を退いたのちは、Elixinolの医療アドバイザー·臨床部門の顧問を務めています。

CBDオイルの効能 doctor blair

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です